アルパイン SSK-TB0通販1プレゼント-2 TOYケースバッグ(デニム柄):クレールオンラインショップ

82

マンノシドーシス

まんのしどーしす

Mannosidosis (alpha-, beta-)

bubbntv.htmlbubbnt4.htmlbubbnxn.htmlbubbnhv.htmlbubbnmr.htmlデータ通信販売システム テレビ&ナビキット (切替タイプ) トヨタ用 TT通販N-37 【RCP】:ちょっとみてっ亭bubbntv.htmlbubbnt4.htmlbubbnxn.htmlbubbnhv.htmlbubbnmr.htmlアウトビE26キャラバンアンキA112[アウトビアンキA112][85Y]Vanner(バンナ)シートレール【SparcoR-100シート専用】【左座席用お買い得】◆受注生産品:リムコーポレーションbubbntv.htmlbubbnt4.htmlbubbnxn.htmlbubbnhv.htmlbubbnmr.html【6000K】純正HIDヘッドライト交換用バルブ2個セットお買い得■ネイキッド/ダイハツ/L750,L760S系/H11.10-H15.11■D2R/D2S共通■白さ、明るさ、見やすさでベストバランスモデル純正交換HID■3年保証■パーフェクトスカイ■H.プリウスI.D. 電球■GIGA:カルースオートパーツbubbntv.htmlbubbnt4.htmlbubbnxn.htmlbubbnhv.htmlbubbnmr.htmlDAINESE(ダイネーゼ) スキ通信販売ー、スノーボーダー用プロテクターパンツ【KID SHOギフトRT PROTECTOR EVO】 - KIDS -:Dainese Japanbubbntv.htmlbubbnt4.htmlbubbnxn.htmlbubbnhv.htmlbubbnmr.htmlバイク用品 EXTRAシールド 【ARAI スーパーアドシスZR】 セミスモーク/レッド【SZ-RAM4/犬カートSZ-RAM3/買い物SZ-M/SZ-F/SZ-α3対応】:創造生活館【中古】中古部品 ヴィッツ KSP130 右テールランプ 【13323400】:e-cleプレゼントマートシュプリームスウィング Heavy 高校・一般  ブラック SS-85H:イ通販ンテリアの壱番館
番 号131
疾病名マンノシドーシス
診断手引き、医療意見書等のダウンロードはこちら

概要・定義

糖蛋白質の糖鎖を加水分解するリソソ−ム酵素の中で,アルファ結合した終末mannoseを加水分解するのは-mannosidase(LAMAN, EC3.2.1.24),ベータ結合した終末mannoseを加水分解するのは-mannosidase(MANBA, EC3.2.1.25)と呼ばれる。それぞれの酵素欠損による疾患を-mannosidosis(OMIM 248500), -mannosidosis(OMIM 248510)と呼んでいる.-mannosidase遺伝子(MAN2B1)は19p13.2-q12に,-mannosidosis遺伝子(MANBA)は4q21-25にマップされ,いずれも常染色体劣性遺伝形式をとる.大変稀な疾患であり、国内報告は殆どない。

症状

共通した臨床症状としては、粗野な顔貌,多発性骨異形成,高身長,精神発達遅延,退行,肝脾腫、角膜混濁,白内障(特徴的な棘状白濁),難聴などを乳児期から幼児期にかけて認める.
1)-mannosidosisには臨床的に乳児型(type I)と若年成人型(type II)に分類されるが,その中間型もある。乳児型は生後3カ月から1歳までに精神運動発達遅延,筋力低下,肝脾腫,易感染性,粗野な顔貌,dysostosis multiplex(多発性骨異形成)などに気付かれる.その他に突背,関節拘縮,角膜混濁,白内障(棘状白濁),難聴,巨舌などを認める.若年成人型は1−4歳頃までに精神運動発達遅延,難聴などで発症する軽症型であり,進行も乳児型に比し緩徐である。
2)mannosidosisにも重症度に差があるが,典型的には1−6歳までに精神運動発達遅延を認めるが,粗野な顔貌、dysostosis multiplexは軽度であり,他に易感染性,難聴,被角血管腫などを伴う。

診断

リンパ球の空胞化(ただしmannosidosisにおいては認めない)、尿中mannose含有物質の薄層クロマトグラフィー分析、汎血球減少症,低ガンマグロブリン血症などが診断に有用な臨床症状である。確定診断は白血球、皮膚線維芽細胞における-mannosidase活性の測定で可能である。またそれぞれの遺伝子検査が可能である。

治療

支持療法などが主たる治療法である。造血幹細胞移植の報告がある。

成人期以降

重症度にもよるが、支持療法が中心であり、進行したあとは経管栄養、気管切開、人工呼吸器の適応について検討を要する。

参考文献

:バージョン2.0
更新日
:2015年5月25日
文責
:日本先天代謝異常学会
「小児慢性特定疾病の対象疾患について」に戻る
0123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899